エフスタ!!TOKYO 福島発!!ITでみんなを元気(Happy)にする勉強会! に行ってきました。
エフスタとは、東北・福島のIT技術者コミュニティ。情報交換、技術交流、勉強会などの活動をされています。
通常は福島での開催ですが、今回は東京で!ということで参加させていただきました。


スペシャルゲスト?に Google の及川さん。
今回はデブサミでされた内容のアップデート版ということでしたが、私なぜかデブサミでは他のセッションに行っていたようで、、こちらで聞けたのはラッキーでした。
及川さんといえば NHK プロフェッショナルでのちょっとコワイ雰囲気が拭いきれないのだけど、実は楽しませるのがお好きなようでセッション中はくまのプーさんのかぶり物をしてました。HTML5 とか勉強会ではチャイナ服も着てましたね。ww

セッションの冒頭に勉強会に参加するにあたってのグランドルールを教えてもらいましたので、ご紹介します。

・前から座る
・積極的に参加する(頷く、目をそらさないなど)
・敵対的に思われる態度をとらない(にらむ、うでを組むなど)
・メモをとる
・質問をする
・ブログ・レポートを書く
・つまらなかったら、途中で退席する

講師にはノリノリにやってもらった方が勉強する側もおトクなので、守りたいですね。

そして本編は、と行きたいところですが今回はあくまでエフスタ!なので本編はカット〜。うふ。
パネルディスカッションも面白かったのですが、これもカット〜。
会場の雰囲気がないと伝わないし、そこは行って確かめてほしい。ぜひぜひ。

エフスタならでは!のセッション、

株式会社エフコム 斎藤 広二さん 「福島のいま、そして未来へ向けて」
福島って、ホントどうなの?現地の現状動画をしっかりと見せてもらいました。
福島と言えば放射能被害が真っ先に思い浮かびますが、場所によっては津波の被害もかなりありました。
瓦礫は仕分けされてきています。堤防は休日返上で建設中。
放射能による立ち入り禁止区域は存在します。でも、徐々に入れる範囲が広がっています。徐々に、徐々に。
実際のところ、気をつけないといけないころはあるようです。
でも、福島全体がそうであるわけではありません、YO!

福島コンピューターシステム株式会社 石川 泰弘 さん 「スマートフォンで創る、未来の運転危険予測システム」
– スマートフォンを活用した道路状況センシングとその局所的情報交換のための車車間通信 –
スマートフォンのカメラや内蔵センサーを用いて、走行中の路面の様々な状況を収集し、その情報を対向車とすれちがいざまに交換。
などなど、ムツカシイお話なのですが、が、が、すんごく楽しかったのです。
なぜならばプレゼンしたのはドラえもんならぬ、スマえもんだったから〜。www
これが地方だけで行われているのはもったいない!全国展開するべきだ。
たぶんきっと、行脚してくれますよ。やって〜。
ぜったい見に行くべきですから覚えておいてね!!

それにしても、勉強会は飽きるところがなく、進行も軽快で楽しい♪
地方だからという見劣りはなかったです。
むしろ、ほっこりする演出がありました。
おやつターイム。福島のおやつをいただきました。
LT 大会の勝者を決めるのは投票数で。ではなく投票をくじにしてそこから一枚引いて勝者決定〜。なんて平和的なんだ。
受付の訛りもよい感じでした。

実は今回の参加までエフスタ知りませんでした。(すみません..)
多彩な内容で魅力的な集まりであるにも関わらずもったいなーい。
地方からの発信をいかに強めていくのか、京都へ移る私にとっても課題に思えました。

▼ エフスタ、注目してみてね!
http://efsta.com/