大阪で行われた Firefox Developers Conference に参加してきました。
やはり、Boot to Gecko (B2G) Web プラットフォームやレスポンシブ、Retina 対応といったモバイルを強く意識した内容となりました。

でもここで取り上げるのは Firefox に標準搭載されている開発者ツールから「3D ビュー」について。
だって開発者だもーん。
(モバイル関係たくさんすぎてまとめるのに時間かかりそうだから..)

Firefox 3Dビュー

3D ビューってご存知ですか?
私、知りませんでした。

==
Firefox > ツール > Web 開発 > 調査
画面右下にある「3D ビュー」を押下。
==

Firefox 11 から搭載されているようです。
なんと、これ、要素の重なりが 3D で見れるんです!!
無駄ー。www

そうでしょうか?
パララックスのサイトを 3D ビューでみると、隠れているところがよく分かります。
HTML ではページ単位での制作でしたが、パララックスをやり出すと Flash のように大きなキャンバスの一部を見せるといった仕組みを考えなくてはいけません。
構造を理解するのに、優れたページを 3D で見ているのはアリだなと思います。
いかがでしょう?

▼ Firefox Developers Conference
http://mozilla.jp/events/devcon/2012/osaka/